東京の貸し会議室穴場を探せ!意外と知らない隠れた快適貸し会議室

Home > 東京の貸し会議室情報 > 会議以外の貸会議室の使い方

会議以外の貸会議室の使い方

貸し会議室では、名称が会議室となっているので、会議ばかりに使うイメージですが、実際は会議以外の使い方も色々あります。例えばパーティーなどでも立食パーティーなどは準備も簡単で利用しやすい方法です。
色々な記念パーティーや懇親会、歓送迎会でも使うことができます。テレビのドラマや映画の場面でもよく出てきますが、頻繁に利用されています。
そのほか講演会でも集まる人数によって会議室のサイズを変えて借りることができますので便利です。講演会での注意そしては、講演内容にあった雰囲気の場所を探すことや、設備があるかどうかも重要です。
講師や参加者に合わせて選ぶことも必要になります。講師により使うアイテムが違ったりもして、講演前に急に指示されることもあるので事前の打ち合わせも十分にしておく必要があります。

貸し会議室を使う場合には、広さも重要です。少人数で広すぎる場所を使う場合、あまりにも空間が空きすぎて、会議に集中できないということもあります。
広ければ良いということでもありません。反対にあまりにも窮屈すぎても集中できません。適度な広さと人数が重要です。とにかく座れれば良いという参加者の集め方は結果的にうまくいきません。収容人数の適正な基準も把握しておく必要があります。季節の変わり目で気をつけるべきは、室内の温度です。
何か所かの会議室を同じ冷暖房の設備で温度調節を行っている場合、一方は寒すぎて、一方は暑すぎると苦情がきたりもします。できれば部屋ごとに調節できるようになっていると便利です。あとは音や振動の問題もあります。
会議室同士や外部の音の影響を受けにくい場所を選びます。

会議室以外の使い方貯しては、他にも展示会などの商品の宣伝に使う場合もあります。この場合立地が重要です。興味を持って来てくれる人が、途中で迷ったり、場所がわからずイライラしたりする場合には、到着しても印象が非常に悪くなります。
駅の近くのような好立地では、迷うこともなくすぐに商品などを見ることができます。とくに機構が悪い時には、目的がスムーズに達成されるように立地を考えて借りる必要があります。
また、歩いてくるとは限りません。車で来る場合もありますので、駐車場の確保もしておく必要があります。できない場合には、事前にパンフレットやインターネットの広告などで、その旨を書いておきます。できるだけ展示会などでは立地の良いところを選ぶ必要があります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る